外国人が部屋を借りるときの入居審査について

外国人が日本に訪れて、絶対に必要なものといえば、住むための家ですよね。

賃貸物件を借りる際には、外国人に限らず日本人も入居審査を受けなければなりません。

今回は、特に外国人の方達のために、入居審査の概要を紹介していきます。

目次
日本語の能力
家賃を滞りなく払うことができるか
在留資格の有無
在留カード
連帯保証人
まとめ

日本語の能力

日本語の勉強をしている、以前留学で日本に訪れていたなどの理由により基本的な日本語を話すことができる場合は、入居審査に通りやすいです。

入居後の案内など、大家さんや不動産会社と日本語でコミュニケーションを取ることができるかということが、とても重要です。

家賃を滞りなく払うことができるか

大家さんや不動産会社の立場で、第一に重要なことは借主に支払い能力があるかということです。

したがって、借主の外国人がどのような仕事に就いているのか、年収はどれくらいなのかなどが大切になります。

在留資格の有無

入居審査の際には、外国人の在留資格の有無が確認されます。

不法滞在者であるのではないかと疑われないために、在留資格認定証明書を持参して、入居審査を行いましょう。

在留カード

日本での滞在理由により、滞在期間が短期であったり長期であったりと、在留期間が異なる場合があります。

一部の不動産会社では、在留カードの持参を求められ可能性があるため、あらかじめ気をつけておきましょう。

連帯保証人

入居審査の際に、重要視される点として、連帯保証人を準備することができるのかということです。

日本人の連帯保証人を準備することができれば、入居審査が通りやすい場合も多いです。

連帯保証人を用意できない場合には、日本に滞在している外国人に向けた、連帯保証会社もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

このように、入居審査には在留資格の有無や連帯保証人を用意できるかなど様々な点が考慮されます。

あらかじめ、入居審査にはどの点が考慮されるかを確認し、必要なものを用意して入居審査を行うことが有力ですね。

Categories: 不動産

Tags: 在留カード / 日本語