高度専門職ポイント制について

高度外国人材の日本への受け入れを促進させるために定められた高度専門職ポイント制ですが、どのような制度がいまいち理解できていない人も多いですよね。

今回は、高度専門職ポイント制について詳しく紹介していきたいと思います。

目次
高度専門職ポイント制とは?
ポイント評価の仕組みは?
どのような優遇措置がとられるのか
まとめ

高度専門職ポイント制とは?

日本において、高度外国人材の流入を促進させるために外国人の学歴、職歴、年収、日本語能力など様々な項目をポイント化し、70点を超えた場合に日本への滞在に優遇処置を講じるという制度です。

ポイント評価の仕組みは?

基本的には以下の事項がポイントに計上されます。

  • 職歴
  • 学歴
  • 年収
  • 研究実績
  • 年齢

上記に加えて、日本語能力や日本の大学を卒業しているかなどが見られ特別加算の項目とされます。

これらのポイントの合計が70点以上となった場合に優遇措置をとってもらうことができます。

どのような優遇措置がとられるのか

多岐に渡る活動内容が認められる

外国人は通常1つのビザで認められている活動のみしか行うことができません。

しかし、高度専門職ポイント制において一定のポイントを満たすことで、複数の在留資格にまたがるような活動を取ることができます。

5年間の在留期間の付与

高度外国人材に対しては、5年という法律上最も長い在留資格を一律に得ることができます。

永住権の取得要件の緩和

永住権を取得するためには、原則として10年以上日本に在留していることが必要です。

しかし、高度外国人材としての活動を3年間継続して行っている場合や、高度専門職ポイントが80点以上の場合は、高度外国人材としての活動を継続して1年間行うことで、永住権の取得を行うことができます。

配偶者の就労

高度外国人材の配偶者の場合、一定の学歴や職歴を満たしていない場合でも、「教育」、「技術・人文知識・国際業務」等の活動を行うことができます。

自身の親を日本に連れてくることができる

高度外国人材として日本で活動をしていれば、7歳未満の子供を育てる目的または、妊娠中の介助や家事手伝いのために自国から親を呼ぶ事が出来ます。

しかし、親を連れてくるためには、年収が800万円以上である必要があります。

家事使用人を連れてくる

13歳以下の子供の教育支援、または配偶者の介助や家事手伝いのために家事使用人を日本に連れてくることができます。

家事使用人を日本に連れてくるためには年収が1000万円以上である必要があります。

入国、在留手続きの優先処理

高度外国人材に対する入国、在留手続きは通常の手続きに比べ、優先的に早く処理されます。

まとめ

このように、高度専門職ポイント制は学歴や職歴、日本語能力などを審査対象とされます。

一定のポイントを満たすことで、高度外国人材として日本での優遇された活動を認められることができます。