• ホーム
  • 人材, 言語
  • N2が必要?外国人が就職するために必要な日本語スキルとは

N2が必要?外国人が就職するために必要な日本語スキルとは

近年、日本における少子高齢化に伴う労働人口の減少によって、政府も外国人労働者の受け入れに寛容になり多くの企業が外国人労働者を雇用しています。

しかし、多くの企業が外国人を雇用する上で不安視するのが日本語能力です。

今回は外国人が日本の企業に就職する上での日本語能力について詳しく解説いたします。

目次
企業が外国人を雇用する際に見る日本語能力とは
外国人が就職する際に必要な日本語能力
N2の日本語レベルとは
まとめ

企業が外国人を雇用する際に見る日本語能力とは

企業が外国人の日本語能力を評価する基準として国際交流基金と日本国際教育支援協会が運営する日本語能力試験というものがあります。

この日本語能力試験はレベルがN1、N2、N3、N4、N5の5段階に分かれており、N5からN1に進むに連れて日本語能力が高いと評価されます。

この日本語能力試験で検定を取得すれば外国人が日本で就職する際だけでなく、入国管理上の優遇も受けることができます。

外国人が就職する際に必要な日本語能力

外国人が日本語能力試験の検定を受けると様々なメリットがあることが分かりましたが、日本の企業に就職したい外国人にとって必ず日本語能力試験の検定を取得しなければいけないというわけではありません。

グーグルや楽天のようなグローバル企業では社内公用語として英語を使用しているので日本語能力を必要としていませんが、現実としては外国人の求人を出している多くの企業が外国人に日本語能力試験での検定取得を採用基準に定めています。

そして外国人に日本語能力試験の検定取得を求めている企業のほとんどがN2以上の日本語能力を求めています。

N2の日本語レベルとは

多くの企業ではN2以上の日本語レベルを求めていますが、N2がどの程度の日本語レベルなのかわからない方も多いかと思われます。

ここでは他のレベルと比較してN2の日本語レベルについて解説いたします。

N2の日本語レベル

まずN2の日本語レベルを客観的に理解する上で他のレベルの日本語レベルについて知っておきましょう。

N5

一番簡単とされているN5が基本的な日本語をある程度理解できるレベルとして定められており、読むの試験ではひらがなやカタカナ、日常会話で使用されている基本的な漢字で書かれた文章や文を読んで理解できる、聞くの試験ではゆっくりな短い会話で必要な情報を聞き取ることができているとされています。

N1

一番難しいN1では幅広い場面で使われている日本語を理解することができると定められており、読むの試験では幅広い話題について書かかれた新聞の論説、評論など、論理的にやや複雑な文章や抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解りかいすることができる、聞くの試験では幅広い場面において自然なスピードの、まとまりのある会話やニュース、講義を聞きいて、話の流や内容、登場人物の関係や内容の論理構成などを詳細に理解したり、要旨を把握したりすることができるとされていおり、日本人に引けを取らない高度な日本語能力が必要とされています。

N2

このようにN5とN1では必要とされる日本語能力に大きな差があることがわかりました。

ここからは多くの日本企業で必要とされるN2について見ていきましょう。

N2は日常的な場面で使われる日本語の理解に加くわえ、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができると定められています。

N1と異なる点は幅広い場面での日本語をある程度理解できるとされている点です。

また試験に出てくる日本語のレベルに関しても論旨が明確な新聞や評論、一般的な話題に関する読み物を読よんで、話の流れや表現意図とされており、N1と比べてN2は詳細な理解は必要とされていません。

しかし、外国人にとってはN2もN1と変わらないレベルの難関です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

日本語能力試験のN2以上の検定を取得すると外国人にとって日本で多くの優遇を受けることができるだけでなく、日本で生活する上で日本人と交流する時や日本語を読み書きする際に問題なく過ごすことができます。

外国人に日本語能力試験の検定取得を求めていない企業も検定取得をサポートしてあげると、外国人が日本でより快適な生活を過ごすことができるでしょう。

Categories: 人材 / 言語

Tags: 日本語能力試験