外国人は銀行口座と住居のどちらを先に契約すべきか

グローバル化が進む現代社会の中で、日本にも多くの外国人が訪れ国際的な色はも年々増しています。

近年、日本に訪れる外国人は旅行を目的とした外国人のみならず、日本で職に就く外国人も増加しています。

厚生労働省のデータによると日本の外国人労働者数の数は128万人以上にものぼり年々増加しておりその勢いは衰えること知りません。

外国人が日本に入国してから日本で生活を始めるまで様々な準備が必要です。

特に重要となるのが住居の契約と銀行口座の開設ですが、こちらの2つの手続きには意外な落とし穴があります。

今回はそのような外国人の住居の契約と銀行口座の開設の関係性について詳しく解説いたします。

目次
外国人の住居の契約と銀行口座の関係性
住居の契約から銀行口座の開設までの流れ
まとめ

外国人の住居の契約と銀行口座の関係性

外国人の住居の契約と銀行口座の開設には重要な関係があります。

まず日本にやってきた外国人にとって最も優先して行う手続きや契約として挙げられるのが住居の契約と銀行口座の開設です。

しかし、これらの手続きを行う順番を間違えるとスムーズに手続きを行えない他、他の手続きにまで影響が出る恐れがあります。

まず、銀行口座を開設する際の必要書類として現住所を証明できる書類が必要となります。

ですので必然的に住居の契約が一番初めにやるべきこととなります。

必ず住居の契約を行ってから自分の住所を証明できる準備をして銀行口座の開設手続きを行いましょう。

銀行口座の開設を一番初めに行ってしまった場合、必要書類の提示段階で現住所を証明できる書類がないことから口座を開設することができないので注意しましょう。

住居の契約から銀行口座の開設までの流れ

住居の契約と銀行口座の開設の関係性がわかったところで、外国人が日本に入国してから生活を始めるまでの一連の流れを簡単に説明いたします。

  1. 日本に入国して入国審査で在留カードを受け取る。
  2. 様々な手続きで必要となる現住所を証明できるようにするために外国人が居住可能な物件を探す。
  3. 物件の申請が通った段階で殆どの場合がその物件の住所を使うことができるため、在留カードを持ち役所で住民票の登録と在留カードに住所の印字をしてもらう。
  4. 銀行口座の開設に必要となる連絡可能な連絡先を取得するために携帯電話を契約、購入する。
  5. ほとんどの銀行(ゆうちょ銀行は外国人の場合印鑑がなくても口座開設が可能)が印鑑がないと銀行口座を開設できないため、印鑑を作成する。
  6. 住民票、在留カード、パスポート、印鑑を持って銀行口座の開設をする。
  7. 銀行口座の開設ができたら家賃などの支払いを行う。

以上が日本に入国してから、生活を始めるまでの主な流れになります。

住居の契約と銀行口座の開設手続きの手順は他の手続きにも関係するので十分注意して手続きを行いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

住居の契約と銀行口座の開設手順は日本入国したばかりの外国人にとって重要なだけでなく間違えると他の手続きにも影響してきます。

スムーズな手続きを行い外国人がストレスを感じること無く日本で生活できるようにするためにも事前にこれらの手順を確認しましょう。