日本語能力試験とそのレベルを徹底解析

最近、外国人の採用の増加に伴い、言語の壁に頭を悩ませる人事担当者が増えてきています。

コミュニケーション・コンセンサスをとることが大切な仕事の場では、言語の重要性が高まります。

特にチーム作業や連携の多い仕事内容の企業はなおさらですね。

そこで一定レベルの日本語を話すことができる優秀な外国人を雇うことができたら、企業側の負担やリスクも減らすことができます。

しかし、どうやったら求職者の日本語をレベルを知ることができるのでしょうか。

求職者の日本語レベルを測るのに、有効な方法に、実際に会って面接をするがあります。

しかし、話すだけでは言語力を測ることはできません。

そこで読み書きを含めた言語力を知るものさしとして使用できるのが、日本語能力検定(JLPT)です。

そこで今回は日本語能力検定(JLPT)がどのようなものなのか、そしてどのようなレベルなのか紹介したいと思います。

目次
日本語能力検定(JLPT)とは
レベル分けによる正確な認定
N1レベル
N2レベル
いかがでしたか?

日本語能力検定(JLPT)とは

日本語能力検定(JLPT)は日本語を母語としない人たちの日本語能力を測定し認定する試験です。

この試験は、日本語の文字や語彙、文法についてどのぐらい知っているかを測る「言語知識」に加えて、その知識を実際のコミュニケーションにどのくらい使えるか測るための「読解」、「聴解」の3つの要素から、総合的に日本語のコミュニケーション能力を測ります。

英語の語学能力を測るTOEICなどと同様、マークシート方式のため、スピーキングやライティング能力を測ることはできません。

レベル分けによる正確な認定

日本語能力試験には、5段階(N1、N2、N3、N4、N5)のレベルがあります。

いちばんやさしいレベルがN5で、いちばん難むずかしいレベルがN1です。

このような細かいレベル分けは、できるだけきめ細かく日本語能力を測るためにあり、試験問題はレベルごとに作られています。

それでは実際に上級であるN1、N2のレベルの認定の目安を細かく見て行きましょう。

N1レベル


N1は幅広い場面で使われる日本語を理解することができるレベルです。これがいわゆるビジネスレベルと言えます。

  • 読む力の認定目安
    幅広い話題について書かれた新聞の論説や評論など、やや複雑な文章や抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解することができる。

    内容が深い様々な話題の読み物を読んで、話の流れや詳細な表現意図を理解することができる。

  • 聞く力の認定目安
    自然なスピードの会話やニュース、講義を聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係やなどを詳細に理解し、把握したりすることができる。

N2レベル

日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができるレベルです。N2がビジネス最低限レベルと言えます。

  • 読む力の認定目安
    新聞や雑誌の記事・解説、優しい評論など、論点が明確な文章を読んで文章の内容を理解することができる。
  • 聞く力の認定目安
    自然に近いスピードの、まとまりのある会話やニュースを聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係を理解したり、要旨を把握したりすることができる。

このくらいのレベルに達すると、会議や打ち合わせの場でも通常スピードの会話を聞き取り、発言も可能になります。

海外雇用者を雇うのであれば最低限でもN2、できればN1レベルの人を雇うのが、複雑な内容の会話を必要とする仕事の場では妥当ではないでしょうか。

いかがでしたか?

今回このような記事を書くにあたって、実際にN1/2レベルの過去問題を見てみましたが、日本人でも難しく思うような問題も何個かありました。

それだけ難しいレベルに達している外国人を採用することができれば、コミュニケーションに不安を持つことなく一緒に仕事ができるでしょう。

雇う上でこのような条件を提示し、よりハイレベルな人材を見つけてみてはどうでしょうか。